読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

心の冷えとりこそが要! リズ・ブルボー著 『自分を愛して!』 

「心を閉ざしている人は、ハートを開くために心臓手術する」とか「幼い頃に愛情を受けられないと、老いてから介護を受けることで 愛情を得ようとする」などと聞いたことがあります。またガンになりやすい人の3つのG「頑固、頑張る、我慢強い」とか。病気とは…

冷えとり的 朝イチに飲むのは、白湯 or 満月に収穫するハーブウォーター

ただ「朝イチに白湯を飲む」というだけの健康法があります。内臓が洗われて老廃物が出ていく、消化も便通も良くなる、など様々な効果があると言われていますが、実際良い感じです。最初の一杯から実感できるので、やっていない方は試してみてください。私は…

冷えとり的 「腎」が弱らない暮らし ホルモンバランスの乱れ・疲労・老化の原因

35歳から徐々に衰えていくといわれる「腎」ですが疲労や老化のモトで、放っておくと悪循環を起こしていくので衰えないように、日常生活でキープする術をつけましょう。とはいえ私も最近気持ちがワクワクしなくて、また弱ってるんだと思う。やることは山盛り…

よもぎ風呂 春の冷えとりにピッタリ!有機ゲルマニウム効果がスゴイです。

春はどこもかしこもヨモギだらけ!なので、たくさん収穫して入浴剤にしようと思い立ち、実行しています。自然の入浴剤としては「大根の干し葉」と2トップなのではないだろうか。強力にポッカポカになるので、万人にオススメです。 (毒草にだけは注意。猛毒…

フルーツデトックス6日間を終えて ふり返り、そして断食中の冷えとりについて

三歩進んで二歩下がる、になってしまったフルーツデトックス。でも今回の気づきは大きかったので、まとめておきます。今日から「朝だけフルーツ」にしてしています。お財布と相談しながら、しばらく継続したいです。

冷えとり的 食養&温活で「どうなりたいのか」をリスト化しておく

冷えとり健康法&軽い食養をしていても、時々ひどくベースが乱れ暴食(というかエンドレスなつまみ食い)をしてしまうことがあります。そういう時に、何のためにやっているのかを具体的にリスト化しておくと大きくベースを崩さなくて済むのでオススメです。…

冷えとり健康法を始めて3年のふり返り & 全8アイテム紹介 ❤

相変わらず、靴下に穴が空きまくっています。心臓と腎臓の箇所ばかり!冷えとり健康法を始めて丸3年、これまでの経過をふり返り真剣な取り組みを再開しようと思います。 (基本の靴下1セット。左から絹5本指、綿5本指、絹の先丸、綿の先丸。 海外旅行にも持…

衣服はもともと着る薬! 冷えとり生活に超おすすめの下着(Puntoe)とパジャマ

何かとお金がかかる「冷えとり健康法」を始めて、もうすぐ丸3年。無事、懐の痛みを超える恩恵を感じることができています(笑)1度シルクの道にハマったら大変だと恐れていたけれど今はもう、化学繊維のものはあまり心地よく感じられなくなってしまった。さ…

湯シャンは失敗したけれど 化学成分はおろか「水」も不使用の完全無添加・石鹸シャンプーを愛用

昨年の冬、4~5回「湯シャン」に挑戦しましたがどうしても最長2週間ほどで、それを越えていくには至らず(笑)日ごとにオイリーさを増し、洗いにくくなっていく髪に耐えられずタオルごと捨てたいと思うほど、私の湯シャン道は困難だったためいったん諦めま…

冷えとり的 初めての「電気毛布を使わない」冬 電磁波の影響と冷えとりグッズと

私は雪国に住んでいるので、子どもの頃から電気毛布を使っていました。もちろん8年間の東京生活も。(鉄筋コンクリの狭い部屋で極寒だった)そんな私ですが、5年前に田舎にUターンしてから気づいたのは信じがたいことに、地元の人達が「基本的に電気毛布を…

冷えとり的 いくら寝ても眠い時は運気の変わり目

ここ数日の私は溶けるように眠り続けている、1日12時間以上は。こういう時間の使い方(惰眠)には耐えられないタイプで昔ならめちゃくちゃ自責して、機嫌も悪くなっていたと思うけど今は「こういう時期なんだ」と受け入れています。おそらく持病とは関係なく…

冷えとりのおとも❤ ノイモンド社のアロマオイルは濃厚で甘く華やかな香り!

本当はいけないことだけど、私はオイルを直接手首につけて香水みたいに使うのがマイブーム♡こうするとPCに向かう時、心地よさに包まれつつもグッと集中力が増すのでついもう一滴、もう一滴とつける量を増やしてしまう。田舎暮らしをしていると、時々切実に…

冷えとり的 大根の干し葉で腰湯を 血の巡り&冷えの改善に♪

大根の干葉は体質改善の特効薬で、血の巡りが良くなるらしい!冬になる度にやろうやろうと言いながら、結局やらなかった「腰湯」を昨日初めてやってみました。やってみたら本当にポカポカで、就寝時に暑くなるほど!(驚)もっと早く始めれば良かったという…

冷えとり的 コスパ最強ルームシューズ(moz 北欧エルク)で足元を常にあたたかく!

真冬は足元がキンキンに冷えて、デスクになんて座っていられない位!意外にこれがストレスになり、能率&気分が落ちていると気づいて年末にルームシューズを購入しました。私は雪国に住んでいるので、冬は必死に防寒しています。(キッチンで洗いものをする…

冬の冷えとりのポイント 「こたつ」や「湯たんぽ」を上手に利用して

冷えとり健康法には向いていると思われる季節、冬。こたつを使って、常に頭寒足熱の状態を保つことができます。そして眠る時には電気毛布ではなく,、湯たんぽを足元に置いて。暖房で部屋の上部だけが暖まってしまう「冷え」の季節を逆手に取ろう! (ストー…

冷えとり健康法 デトックス(毒素排出)が進むと靴下にどんどん穴が空くミラクル!

冷えとり健康法は、今年で3年目。(今年はストイックにせず、ゆるゆるでやっていると白状しておきます。)「足の裏から毒素を排出し、靴下に穴が空く」とは聞いてましたが全く真に受けてはいませんでした。繊維の消耗でしょ?と。しかし実際、風邪で寝てい…

秋の冷えとりのポイント 肺の毒出しと感情を出すことの重要性

少しずつ涼しくなっていく季節、味わい深いものの寂しいですね。私の住む地域は冬が極寒なので、秋から憂鬱になってしまいます。秋は肺が毒出しをする季節。肺は感情でいうと「悲しみ」担当なので、もしかしたら古い悲しみが出てきたりするかもしれませんが…

夏の冷えとりのポイント 汗(毒素)をどんどん出せる季節を利用して!

夏の冷えとりは言うまでもなく、他の季節よりも過酷です。一昨年、昨年は夏でも「靴下4枚重ね」を死守していましたが!今年は病後ということもあり、思いっきり緩めました。そろそろ冷えとりライフを再開すべく、記事にします。

冷えとりのめんげん(好転反応) 2年間で起こった症状のすべてを語る

冷えとり健康法を2年間続け、数々のめんげん(=好転反応)が起こりました。歯痛・湿疹・心の毒出し・心臓手術(!)と波乱万丈です。「冷えとり」の良いところは、出せば出すほど良くなっていくということ。今後も続けます。

春の冷えとりのポイント 1年で最も排毒が盛んな時期を味方に 山菜&野草がおすすめ!

春。冷えとりの原則「上半身は薄く、下半身は暑く」を思いっきり実践できる季節の到来ですね。1年の中で最も排毒が盛んな季節らしいので、冬に溜めこんだ毒をしっかり出しましょう。 (山中に群生している「あまどころ」という山菜。)

冷えとり 心のめんげん(好転反応)の記録

2年半の冷えとり生活で、いくつかのめんげん(=好転反応)を経験してきましたが、一番大きかっためんげんは心臓。なんと心臓ペースメーカー手術にまでなってしまい退院して自宅療養中は「心のめんげん」が強烈でした。ジタバタジタバタジタバタ・・。

冷えとり健康法・基本のやり方 『頭寒足熱・半身浴・少食』の3つ

「冷えとり」と出会ってから、丸2年を超えました。血や気の巡りを良くして、溜めこんでいる老廃物を外に出せる、強い身体をつくっていくための健康法で身体だけではなく「心の冷え」もとっていきます!