読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

心臓ペースメーカー日記① 仕事中の強烈なめまいから、まさかの心停止へ

心臓PM

スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

自分の記録として残しておきたいと思い
以前のブログに書いていた記事を掲載します。
読みやすく短く書こうと思っていたのですが
短いだけに、ガツンと重い感じになってしまいました。
退院直後に書いたものなのでシリアスです。

 

仕事中に強いめまいを感じた。
20分おきぐらいに、何度も、何度も。
それは普通じゃないめまいで、目の前がまっくらになり
しばらく意識が遠のき、じょじょに戻ってくる、という感じのものだった。

そしてその夜には、病院で8秒間の心停止。
「高度房室ブロックだ、これはペースメーカー適用範囲内だよ!」という声をきいた
次の瞬間にはなぜか、手術することを受け入れていた。

(3日前まで、毎日のようにランニングをしていた自分にとって
 まさに青天の霹靂だった!)

そこからは急いで「外部ペースメーカー」の処置。
すぐに首すじに麻酔が打たれた。

その間、考えていたのは
「死ぬのは今じゃない」という、静かな落ちついた思い。
でも同時に、心と魂はフルに動いていて
私はすでに、自分が大きく変化していくのを感じていた・・・。

この人生でするはずだったことをしたい。
これじゃ働きも学びも経験も足りなくてもったいない。
私はこの命の最後の日まで、大切に生きる。
いつか本当に、この人生が終わるときには
「やりきった!」という思いで旅立ちたい。

この思いが私を満たした。
そして、よく耳にする言葉だけれども
「生きているのではなく、生かされているんだ」ということが
私の中に、強烈な実感として入ってきた。