読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

佐藤富雄 著 『よく「遊ぶ人」ほど成功できる』 普通の脳を成功脳に変えることが最重要


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

 社会的成功みたいな大きなことは求めていないものの
自分の個人的な望み、やりたいことは叶えたいです。

この本を、2004年の発売から10年、何回も読んでいます。
幾度もの断捨離を乗り越えて、いまも手元にある大事な1冊。
著者の豊富なエピソード × 脳科学 × 成功理論の融合が素晴らしいです。

f:id:beinginthepink:20160328155033j:plain

 

「まえがき」からして凄い。

 

世の中には好きな仕事で大金を稼ぎ、ビッグな成功を手にする人々がいる。
それに対して「自分には縁のない世界」と思ってしまえば終わりだが
「いいなぁ。将来は自分もああなりたい。」と思うこともできるはず。
その欲望さえあれば、実際に目標地点に近づいていくことができる。
でも、それを叶えるためには「意志を強く持って努力」という
方向ではない。

普通の脳を「成功脳」に育てていくことこそが大切。
そのためには、意志の強さ・不屈の努力・積極性ではなく
ベータエンドルフィンという脳内ホルモンと、ネオテニー(子どもらしさ)だ。
脳に「快」を与えること。

 

 

著者が成功の階段をかけあがる、信じられないエピソード!

 

先生は30代前半、やりがいのある仕事と充分な収入
都心の広い家と、プライベートの自由がありながら
閉塞感にさいなまれ、夜も眠れず、不安、そのうえ不整脈にまで
悩まされる日々を送っていました。

 

そんな時に、秋田で大学講師をする話が舞い込み
先生は「いちだんとやりがいのある仕事!」と飛びつくが
実際の生活が始まっても、自分が成功に向かっている実感がないのです。

医師である先生は、もちろん不調の理由をわかっていて
「自分に活力を与えてくれるような夢や希望を持たなければ」と焦ります。
そんな時に、学生たちから「ヨット部の監督」就任を請われ
何の知識もないまま、いったん辞退したものの引き受けます。

 

そして心底ヨットが好きになった先生は
不眠や不整脈もきっぱりと消え、心身ともに健康になり
「そうか、必要なのはこれだったのか!」と気づくのです。

 

そしてここからがすさまじいのです。
先生は、東京で人材探しをしていたアメリカの実業家、ジャックの
目に留まり、ヨット中に海上保安庁から呼び戻されます。
そして、アメリカでなにもかもが桁外れな生活をしている
実業家(とんでもない富豪!!)のもとへ飛び立つのです。

 

そこでスケールの全く違う思考、ライフスタイルを目にした先生は
「彼を上回る成功をおさめてやるぞ。」と強く誓います。

 

そしてビジネスの世界に身をおいてからも
脳の研究を続けることにしました。
それから40年、研究成果はことごとくベストセラー、講演依頼殺到
先生は文字通り、成功への階段をかけあがっていったのです。

 

 

プライベートも常識を超えています!

 

プライベートもすごいです。
ヨット、カーレース、バイク、狩猟、プロレベルのスキー、旅
そして65歳の時には北極圏で1か月間、エスキモー達とともに
氷雪上キャンプをしたそうです。

 

趣味のことも詳しく書かれていて、読んでいるだけでワクワクします!
自分も何かやりたくなりますね(海外ひとり旅を企画中です。)
ここの豊富なエピソードは、ぜひ本で読んでいただきたいです。

 

 

引用&要点まとめ

 

成功したから遊べるのではない、遊びがあるから成功するのだ。 (引用)

 

ワークとジョブは違う。作業は8時間、仕事は24時間という考え。
アイデアがひらめく、豊かな生活環境を持っているか。

 

人を好きになったり、何かを創造したり、成功や自己実現を求めるといった
高次元の欲求が満たされたとき、その快感には限りがない (引用)

 

遊びにはネオテニー(幼児的特性)が大切!

 

欲しいものが浮かばない人への特効薬=ジョギング

 

学ぶことも「遊び」ととらえてしまう (目次・引用)

 

恋がネオテニーを引き出し、脳を全開にする (目次・引用)

 

「遊び」は早いうちから始めたほうが、真の成功が得られる
(目次・引用)

 

他にも、大人の高級オモチャを使うことや
なりたい自分をすべて書き出すこと
ジョギングの効用など、濃すぎる内容です。

 

どんな境遇にあっても、少しずつ実践できる1冊。
おすすめです。