読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

保存食① 手づくり味噌の作り方 乳酸菌や酵母が160種も入るパワフルな健康食


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

私は料理が苦手(それどころかキライなぐらい!)なのですが
だからこそ、毎日食べる基本食にこだわり、色んな保存食も作ります。
たった数時間の料理で、その後ずっと美味しいモノが食べられる。
心身が大喜びするモノを食べれるなら、むしろコスパが良いですね。
まさに『最小限で最大の効果』という、ミニマリスト的な観点!

 

手づくり味噌

手づくり味噌について

 

ちゃんと発酵したお味噌には、生きた乳酸菌や酵母が160種も
入っているといわれています。
3年モノのお味噌なんかは、もはやお薬レベルだそうです。

私はこれまで、市販のパック味噌を食べてきましたが
それは加熱処理をしているものです。
ちゃんと「生きている」お味噌を食べたいと思い、手づくりしました。

※作る時期は冬(12月~3月)が良いようです。

 

 

手づくり味噌の作り方:できあがり10キロの材料

 

  • 乾燥大豆1.5キロ
  • 塩 1キロ(精製塩じゃなく自然塩がおすすめ)
  • 麹 4.5キロ
  • 殺菌用の塩 適量

 

 

準備しておく道具

 

  • できあがった味噌を入れる樽 (重要:大容量のもの)
  • 厚手のナイロン袋 (重要:茹でた大豆を入れて足で踏みつぶすため)
  • 大きなバット (重要:横長の容器で作った方が、材料を混ぜやすい)
  • ラップ (重要:できた味噌が空気に触れないように)
  • 3キロの重し (重要:砂糖袋やビール等でOK!)
  • 大きな鍋 (重要:パスタ用の深鍋などが好ましいと思います)
  • 圧力鍋 (あるとラク。大豆が30分で茹であがる)

 

 

準備しておくこと

 

  • 味噌を入れる容器を焼酎やアルコールで拭いて殺菌しておく
  • 指輪などは外しておく
  • 乾燥大豆は前日から、タップリの水に浸けておく(冬場で14時間)
    水を吸うと3倍ぐらいの容量になるので、大きめの容器に入れておく

 

 

具体的な作り方

 

1.仕込み

乾燥大豆をキレイに洗い、傷んだ豆は取り除いておく

 


2.大豆を煮る

圧力鍋なら30分、普通の鍋なら3~4時間ぐらい煮る。

アクを取りながら、指ではさんで潰れるぐらいの硬さを目安に茹でる。

 


3.豆を茹でている間に、麹と塩をまんべんなく混ぜる。
麹のかたまりがないようによくほぐす。
大豆は水気を切りながら、穴の開いたおたまですくいとり
ビニール袋に入れる
煮汁は取っておく(混ぜ合わせる時に使うため!)

 

 

f:id:beinginthepink:20160420225449j:plain

 


4.大豆を潰す

ビニールに入れた大豆は、足で踏んで潰す

(空気が入ったまま袋口を押さえると、破れるので注意しましょう。)

 


5.大豆を混ぜる
人肌ぐらいの温度に冷めたら、麹と塩を入れてよく混ぜる。

冷めすぎると発酵が進まないので手早く!

硬さは耳たぶぐらいが良いので、硬ければ大豆の茹で汁を加えて
調整する。

 

f:id:beinginthepink:20160420225504j:plain

(このように大容量なので、横長のバットがあったほうが良いです!)

 


6.容器にセットする
味噌玉(味噌でボールを作る:雪合戦の玉ぐらいの大きさ)を作り
容器に投げ入れる。
空気が入らないように、思いっきり投げつけます。
表面を平らにならし、塩をまぶして、空気に触れないように
ラップでフタをする。

 

 

7. 3キロの重しを乗せておく

私はお砂糖を3キロ乗せています。

 


8.月に1回、手で混ぜ合わせる
味噌の上下をひっくり返すように混ぜ合わせて
まんべんなく発酵するようにします。

 

 

注意すること

 

カビが生えたら、その部分をスプーンで取り除けばOK!
黒カビはNG、白カビは混ぜてOKらしいのですが、私は取り除いています。
3か月後から食べられますが、半年~1年したほうがより美味しいです。


ちょっと面倒に思えますが、我慢して作ってみましょう (@゚ー゚@)
作るのは1日だけだから。