読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

保存食④ 手づくり納豆の作り方 とってもカンタン&匂いも少なく食べやすいです

保存食

スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

初めて、納豆を作ってみました!
昔ながらの、藁(わら)で包む方法ではなくて
単に保存容器に入れて、保温→発酵させるカンタンな方法です。
あえて普通の大豆ではなく「青大豆」で作ってみました ♪
豆の品種を変えるだけで、いろいろ面白いのが作れます!

手づくり納豆

 

納豆の作り方:材料

 

  • 大豆200~250g
  • 市販の納豆1パック
  • 保存容器
  • 湯たんぽなどの保温できるもの

 

具体的な作り方

 

  • 大豆はひと晩、水に浸けておく(最低8時間ぐらい)

  • 大豆を弱火でコトコト、3~4時間ぐらい煮る
    指ではさんで潰れるぐらい柔らかくなるまで!

  • 大豆が煮えたら水を切り、保存容器に入れて
    市販の納豆1パックを混ぜる。
    (納豆菌の力を借りて、発酵させます。)

 

  • 湯たんぽやコタツなどで、40度前後の温度を保ち
    ひと晩~1日保温して発酵させればできあがり!



※私はちょうど風邪をひいていたので、大豆の煮汁も飲みました。
 驚くほど甘くて、栄養たっぷりな感じ!!

 

 

保温の仕方

(写真のように、市販の納豆と混ぜ合わせて保温します。)


食べてみての感想

 

普通の納豆よりもサッパリ感があって食べやすかったです。
でも「感動するような味」には作れなかったのが、正直なとこ。
期待していたのになあ・・。

もう、こうなったら
無農薬の藁(わら)で包む、昔ながらのやり方でも作ってみたい!

保存食の探求を続けていきます。