読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

秋の冷えとりのポイント 肺の毒出しと感情を出すことの重要性

冷えとり

スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

少しずつ涼しくなっていく季節、味わい深いものの寂しいですね。
私の住む地域は冬が極寒なので、秋から憂鬱になってしまいます。
秋は肺が毒出しをする季節。
肺は感情でいうと「悲しみ」担当なので、もしかしたら古い悲しみが
出てきたりするかもしれませんが、溜めないでどんどん出しましょう!

 

大切なことは「夏の冷えとり」のページに全て書きました(笑)
季節の変わりめの不調は、靴下の重ね履きをするだけで
かなり防げますよ!っていう話。

 

 

肺の毒出しは、咳、痰、鼻から鼻水として出てきます。
また肺と関係の深い「大腸」の症状が出ることもあります。
「出ることは良いこと♪」と思って、どんどん浄化していきましょう。

 

肺=悲しみ、感情面の話を少し

 

辛い時も泣かずにガマンすることってよくありますね。
現代では、泣く暇もないほど忙しい方も多いです。
感情を奥に押し込めないとやってられない!という場面も多いですが
ネガティブな感情は、涙で出してあげることを心がけましょう。


気づかないふりして、軽く流すのは老化のモト!
心の火、命の火を燃やさず、水だけ溜まってしまうと
身体が弱くなり、衰えた感じになります(経験談)

でも感情をきちんと出すようにすれば
ちゃんと回復します。

循環させよう!