読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

台湾一周:初めての海外ひとり旅 Day1 台北 福洲老舗と夜市、ゲストハウス。さっそくディープさに足を踏み入れる。


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

酷航と書いてスクート、私が乗ったLCCの名前。
でも私の、初めての海外ひとり旅は今のところ順調!

いまは台北3日目の夜で、ここは赤峰街にあるカフェ。
初日のこと、忘れないようにここに書き残しておきたい!

カフェ

 

空港でのふるまいさえよくわからず、不安で一杯だったけれど
桃園国際空港にはスムーズに着いてしまって、特段の感動もなく
高速バスで台北まできてしまった。
到着しただけで、めちゃくちゃ感動すると思っていたけれど
上京するのと同じぐらいの感覚だなんて、ちょっと拍子抜けだ。


駅で地下鉄に乗り換えるのに迷い、ウロウロと何人もの人に道を尋ね
この体たらくでは、宿に行く前に夕飯をしたほうが良いと思い
あらかじめチェックしていた「福洲老舗」という店を目指すが、わからない。

現地の男性(20代前半ぐらい)に道を尋ねたら
スマホで調べながら、目的地まで連れて行ってくれた。
私を屋根のある場所におき、自分は雨の中、走って店を探してくれて
さっそく台湾人の優しさに打ち抜かれてしまった、感動。。。


初めての台湾グルメは、牛肉麺。
日本で、ただただ食べることしか考えていない準備期間を過ごしたので
もうガクガクするほどおいしくて、一気に食べた。
このお店は化学調味料を使ってないということもあり、やはり優しい味。
スープもほぼ全部飲んだ。


そこからゲストハウスに辿り着くまでが長かった!
日本で地図を丁寧に印刷し、スマホ(ワールド携帯)まで用意したのに
どちらも全くといっていいほど使いこなせず、私には無用の長物だった。
結局、現地の人に次々と声をかけ、バケツリレー形式で
目的地まで運んでもらった感じだ。
(途中で、甘さ控えめのタピオカ・ミルクティーにありついた。)

このブログで「初めての海外ひとり旅マニュアル」なんて書いてたけど
これじゃなんの説得力もないよな、とぼんやり思いながら歩いた。



ようやくゲストハウスを見つけて中に入り
ひと休みする間もなく、近くの夜市へ(道はスタッフに尋ねた。)

 

 

市場



見つけた市場に近づくと、さらに台湾のディープな匂いが。
ここで何かを食べたのだが、どうしても何だったか思い出せない。
それを食べた後に、勇気を出して臭豆腐も頼んでみた。
一口目からおいしかった。



ゲストハウスに戻って、リビングでPCを開いていたら
目の前の女の子が、和菓子をくれた。
彼女は普段台中に住んでいるが、出張で台北に来たという。
そして色々話し、私が台中を観光する時は、バイクで案内してくれるという。
嬉しい展開に感謝!

そのあとはリビングに集まった、香港・台湾・日本人の数人で
深夜2時過ぎまで話していた。
(ここで台湾フルーツも堪能。)

そしてさすがにクタクタになり、シャワーを浴びて休んだ。

 

 

ゲストハウス