読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

台湾一周:初めての海外ひとり旅 Day5 台中の街をバイクで駆け巡る、非常に気持ちのいい1日。

海外滞在記

スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

今日は、台中の街をバイクで疾走!
旅の初日に台北のゲストハウスで出会った女の子が
バイクでいろんなところを案内してくれたのだ。

今いるところは台中の、チャンスホテルというゲストハウスのリビング。
食べ物が悪くなったような、なんだか独特の匂いがしている。
ここには私のほかに1人しかいなくて、今夜は交流はなさそうだ。



完璧な1日というのが、誰の人生にもときどき訪れると思うけど
私の場合は、今日がそれだった。
考えてもいない展開だったのだ、台中の街をバイクで堪能するなんて。

少し煙い風、一気に加速して疾走、時には他のバイクの大群に混ざり
もう、朝まででも乗っていたいと思った。
(私は後ろに乗っているだけだからな、、)



バイクがあまりにも気持ちよすぎて、どこに行ったんだっけ?
そうだ、古い建物群を見て、春水堂という有名なカフェでご飯して
そのあとに大きなデパートに少し入って、夜市で鶏の足を食べて
おいしいアイスのお店に行った。

そして、彼女の住む部屋にもお邪魔したし
最後には大学の中にまで入らせてもらった。

夜9時を過ぎても、学生はテニス、バレー、バスケに熱中していて
中には多くの学生が歩いていて、研究室の明かりもついていた。
確かに夜にやったほうが楽しいかも、、!



この出会いには、もう言葉もない。
もしも1日ずれていたら、私がパソコンを持ってリビングに行かなかったら
なかった出会いなのだ。

旅する人の誰もが味わったことがあると思うけど
私も、旅の醍醐味を魂で味わってる最中。