読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

台湾一周:初めての海外ひとり旅 Day11 今日は花蓮→九份→台北。無事に台湾一周できたことに感謝。


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

朝に花蓮を出て瑞芳→九份→台北へ、自分でも信じられない!
それもハードには全く感じない、ムリのない移動だった。

これにて無事に台湾一周したことになり、嬉しく、ほっとしています。
台北→台中→高雄→花蓮→瑞芳(九份)→再び台北にいる。
今は、JVShostelというゲストハウスのベッド。

 

九份

 
海外ひとり旅なんて出来そうにもないタイプで
何一つわからないだけでなく、リサーチ能力さえ欠けていて
なぜ皆、個人で海外旅行できるんだろう?といつも思っていた。

でもそんな私も、今日はいっぱしのバックパッカーであるかのように
「今日は瑞芳に泊まろうかな?台北に泊まろうかな?」なんて
気分まかせの心境になれたんだから、人とは変わるもんだなと思う。



11日前は、飛行機の乗り降りの仕方も怪しかったし
スマホのGPSさえうまく使えず、ナビにガミガミ言われてたし
15分で着くようなところに、1時間近くもかかって辿り着いてた。
でも今はその頃のことが、信じられないぐらいなのだ。

どこに行くにも、ガチガチ考えることなんてなくて
花蓮→瑞芳駅でスーツケースを預けて→バスで九份へ
→またバスで戻り、今度は列車で台北へ。
こんな風に、ナチュラルに移動さえできるようになった。
(人の波についていってるだけ・笑)

旅慣れている方にとっては、単なる最低限のことに過ぎないけど
これから旅をしたいとか、自分にはできないと思っている方にとっては
そうじゃないんだよね。

いつか誰かが「自分にもできるかも」と思ってくれたら嬉しいです。
(旅の具体的なことはこれから記事にしていきます!)

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


今日は1日中、ずっと雨が降っていたけれど
台湾の雨は、霧のようなものなので気にもならなかった。

朝に花蓮のゲストハウスのスタッフに「バイバーイ!」と送り出され
台湾鉄道で瑞芳へ。
座席はなかったけど、2時間半だったのでスーツケースに座っていた。
到着したら駅でスーツケースを預け、いよいよ九份へ。



雨。休日。人混み。
老舗の牛肉麺、あたたかいぜんざいを食べてから九份茶房へ。
大きいテーブルだったせいか「最低500元の注文を」と言われる。
日本円で2000円なら、いいか!と気持ちを切り替えて
せっかくの空間を満喫しようと思った。

おひとりさまセットの「東洋美人」というお茶と
ウーロン茶のチーズケーキ、パイナップルケーキ、チョコアーモンド
500元となると、注文もなかなかの量になるけど
パイナップルケーキは持ち帰りにした。

The台湾、なモードで浸りきる。
雨の九份も悪くない、外はモヤがかかっていて幻想的。

この茶房で、今日は瑞芳(レイファン)か台北かと悩み
PCを開いて、予約前にいろいろ考えるも
気づいたらツイッターをしていた。


結局、台北まで戻ることにして宿を予約。
1時間弱、列車に揺られながら戻った。

これで台湾一周。
台北の駅も、最初に来た時とは少し違って感じられた。

11日間で、自分がこんなに変わることってそうそうない。
全くありきたりの締めだけれど、それを強く実感している。

あと3日間、台北を満喫しよう。