読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

台湾一周:初めての海外ひとり旅 Day13 ゲストハウスのリビングで皆で

海外滞在記

スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

朝の9時、待ち合わせしたのは私の聞き違いだろうか
少し待っても彼は来なかったので
私はひとりで街をブラブラすることにした。

1度は高級料理を食べようなんて思っていたが、もう興味ない。
食べ物など何でもいいから、他の旅人の誰かと一緒に食べたい。

そう思っていたら、他のメンバーたちに朝食に誘われた。
ここのゲストハウスの玄関はすごい。


昨夜、何度かやり取りを繰り返すうちに
彼が時間を勘違いした可能性があった。
私はすっぽかされても別に構わないが、相手を待たせるのは嫌だ。
ちゃんと明瞭な言葉で伝えず、確認もしなかったことを後悔した。
これは失敗だ。
英語でのやり取りなのだから、もっと注意するべきだった。

 

私は気もそぞろに、ある観光地を目指したが
もうそこには何の興味もなかった。
もし彼を待たせて、時間を無駄にさせていたらどうしようと
それだけが気になっていた。

その観光地はだだっ広かったが、私は歩く気はなかったので
極めて狭いスペースだけを見て回って終わりにした。
ジュエリーのお店でひとつネックレスを買った。
とても素敵で、一瞬で気に入ったので
初めての海外ひとり旅の記念にした。

 

晩ご飯は、最高に気に入ったお店に2度目の訪問。
超・絶品のしらすチャーハンと小籠包。
もう1回食べないと、帰国してから後悔しそうだったから。

それは非常においしく、文字通り最高だったけど
でもまだ今朝の待ち合わせのことが気がかりで
早くゲストハウスに帰りたかった。


ゲストハウスに着くと、スタッフに「リビングで映画を」と誘われ
行ってみたら彼がいたので挨拶。

じっと映画を観ていたら、話しかけてくれた。
昨夜は朝の4時まで眠れなかったのだという。
寝坊したということか、それならいい。
そこでやっと安心した、少なくとも迷惑をかけなかったのなら。


その夜の会話にはついていけなかった。
アメリカ人の彼、韓国の女の子、日本の高齢の女性、私。
私以外の3人は博識。
数か国語が話せるメンバー達。
人と楽しむというより「揉まれる」という感じだった。
私は自分をひっこめずにいることぐらいしかできなかった。

でも、海外のゲストハウスのリビングで皆で輪になっている
その光景自体が、私にとってはめちゃくちゃエキサイティング。
いつか観た映画『スパニッシュ・アパートメント』みたい。

深夜。
長い1日が終わった。
明日は最後の日。