読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

台湾一周で泊まったおすすめゲストハウス④ 花蓮 Overhead Hostel サーフィンスクールもやってるらしい!

台湾

スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

花蓮の3人のサーファーが始めたというゲストハウス。
ゲスハを経営しながらサーフィン三昧の日々って
もうそのライフスタイルに憧れます!(裏のご苦労もあるでしょうが...)

なるほどのムード。スタッフ達はカラリと明るく素敵で
人生を思いきりエンジョイしてる感じがムンムン伝わりました。

花蓮のゲストハウス

 

住所:No. 68, Guosheng 2nd St, Hualien City, Hualien County, 台湾 970 
アクセス:花蓮駅から徒歩(分かりにくければタクシー)

 

 

サーフィンスクールについて

 

ここはゲストハウスであるのみならず
時々サーフィンスクールもやっていると、ブログで見たのですが
オープンに生徒募集をしているわけではないのか?
特に「サーフィンしない?」とか、声をかけられることはなく。

私がそれとなくサーフィンしたい!と言ってみたら
「海が遠いので、ボスがいる時じゃないと運転もできないの」と
スタッフの子に言われました。そりゃそうです!
次回は、事前にサーフィンのことを確かめて行きたいと思います。

サーフィンなんて...と思う方もいるかもしれませんが
花蓮の気候だと、どうにも海に入りたくなります(笑)
したことがない方でも、やりたくなると思います。
リサーチだけはしていくのがオススメです!


※台湾には、高雄・花蓮・そして台北でもサーフィンスポットがあるので
 ご興味のある方は、狙って行ったら良いと思います♡
 高雄のビーチは波も結構強く、充分乗れる感じでした。
 (私は7年前にちょっとやっていただけですが・・・)

 

花蓮のゲストハウスのバー

 (Barでお酒を堪能できます!)

 

 

設備について


トイレ&シャワー室が一体。
ユニットバスのような感じで、しかも1室しかありません。
シャワーの調子によっては、トイレに水がかかっちゃうかな...?

ベッドは、男性にとっては狭さを感じるかもしれません。

そのぶん宿泊の値段は安いのですが
「宿で上質なくつろぎを得たい」という方は気になるかも。
私はそれほど気にしないタイプなので、大丈夫でしたが。



立地について

 

花蓮の街自体、交通の便があまり良くないです。
(花蓮駅⇔町の中心地が遠く、バスorタクシーで行かなければならない。)

このゲストハウスは駅から徒歩10分ぐらい。
道も分かりやすく歩けます。

しかし宿の周りには、それほど目ぼしいものがなかった、という印象です。
食事は街の中心地で済ませてくるのがいいと、個人的に思います。

 

ディスプレイ

 

(砂の上に写真をディスプレイ。どこまでもサーフな雰囲気!)