読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

【講演】ファストファッションの裏で起こっていること 伊藤研人さん × ユナイテッドピープル関根健次さんの対談 


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

ファストファッション旋風の裏側で起こっていること。
途上国の多くの人が 心身ともに激痛の極みの中、洋服を作っている。

食・エネルギー・武器・難民問題など、あらゆる分野が歪みきっていて
1人の力なんてちっぽけで、少しずつ「他人事」に戻りそうになるけど
自分ができる行動には、実はまだまだ余白があるのだと分かりました。

UPLINKでのトークショーの様子


お二人とも和服でいらして、ピシッと心地よいムードで始まりました。
講演の内容をメモしておいたものを下記にまとめます。
素晴らしかったので、ぜひシェアしたいと思いました! 

 

講演の内容

 

伊藤研人さんは「環境のために何ができるか」という題目をかかげ
3年間の世界の旅に出る。(※海外生活は計6年半とのこと)

作られたものを販売するまでに、非常に多くの人が関わり
モノを回せば回すほど、全体が見えにくく、無責任になる今のシステム。

伝統・文化こそ、その土地に合った生き方をするための知恵の結集であり
大量生産、大量消費、大量廃棄の現代へのひとつの方向性だ。

日本ではもともとリサイクルをしていた。
着物⇔反物と形を変えながら何世代も着続け、想いがこもっている
スローファッションとでも言うべき文化があった。
捨てない文化ということ、大切にするということ。



伊藤さんは昨年3か月間、1着の着物で過ごした。
洗うことができないけれども、風通しの良いところに置くだけで
匂いが消えるし水を使わなくても済む、という貴重な体験をした。

日本の価値である、文化・技術を手放したら何が残るのか?
和(調和)の力をもって、日本が担える役割は大きいし
日本人ほど信用されている民族もないと、海外を旅して感じた。

 

 

パタゴニアというブランドが「私たちの服を買わないでください」と
広告を出した。
それには続きがあって、こういうことだ。
「もしこのジャケットが欲しいなら買わないでください。
 必要なら買ってください。」

欲と必要性の違いを認識することだ。

 

 

この映画の監督も、もともとファストファッションを着ていたが
今は気をつけていることがあるそうだ。

  • 洋服ができあがるまでのストーリーをチェックして
    納得したら買う
  • second hand(リユースしたもの・古着)を買う
  • 愛着の持てるものを買う

 

 

欧米のファストファッションでは、1つのデザインにつき
10万着ものオーダー(生産)をするそうだ。
本当に「顔の見えない」洋服だ。

私たちはsmart shoper(賢い消費者)になることが大切。
サラリーマンの生涯年収が3億円と言われているが
少なく見積もって1人1億円としても、50人いれば50億円。
1人1人が、これだけの選択ができるということ。

システム全体と考えると、遥かに遠いものに思えるが
まず意識を向けること、そして「自分事」と思えるかが大切。

いま各地で種がまかれている。

 

 

ささやかながら、やっていきたいこと

 

  • 良い本、映画、トークイベントなどの情報や内容をシェア(実行中)
  • 良い情報をブログやSNSで発信していく(実行中)
  • 自然に優しいシャンプーや石鹸を最小限に使う(実行中)
  • モノを買う前によく考え、不必要に買わない(実行中)
  • 愛着の持てるモノを買う(実行中)
  • 様々な社会問題について勉強する(実行中)
  • 自分が応援したい会社の製品を買う(時々実行)
  • 不要なモノは断捨離し、スッキリした空間で暮らす(取り組み中)
  • 台所&洗濯の洗剤を自然に優しいものに変える
  • 電気、冷暖房を使いすぎない
  • 自動車を使いすぎない
  • 紙をムダに使わない



みんながやっている、普通のことが並びましたが、、、。

本当にわずかなことに思えますが
様々な問題について学び続けながら
小さなアクションを積み重ねていきたいな。

そこから少し大きな取り組みに発展させていくことも可能。
またシェアさせていただきたいと思います!

 

 
ユナイテッドピープル、関根さんの本。
私は数年前に読んだので、内容を少し忘れてしまいましたが
海外体験→社会起業家となるまでの道のりが描かれていました。
さらりと読める内容だったので、私も再読したいと思っています。

 

 

blog.minimalist-switch.com