読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

2015年のふり返り 突然の心停止 →猛烈な断捨離 → 海外ひとり旅・オフ会・ブログdays

自分ログ

スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

年が明けて1か月もしないうちに、突然の心停止。
それまでの何もかもがリセットされ、自分の中が入れ替わるような感覚。
今もまだ変化の途中で、流れを止めないようにだけ気をつけています。
社会人としてのブランクも殆ど無かった私が、思いきって休養!

来年もますます(良い意味で)予想外な日々となることを願いつつ
2015年の個人的newsをふり返ってみます (※内容が一部シリアスです)

ゲストハウス

 

1月

月末。
仕事中に猛烈なめまいを感じ、車の運転が全くできなくなり
家族を呼んで病院に。
その夜、医師の口から「心臓ペースメーカー」という単語が出た時には
自分の耳を思いっきり疑った。
倒れる3日前まで、日々元気にランニングをしていたのだから。

その直後、心停止を経験し、手術が避けられないものとなる。

blog.minimalist-switch.com

 

 

2月

入院 → 検査 → 手術 → 退院。
何もかもが初めての体験だった。

手術翌朝、目が覚めると光がいっぱいにさしこんできて
「生きている!」ということに心の底から感動した。
食べるのがちょっと不安だった病院食も、死ぬほど美味しかった。

blog.minimalist-switch.com

 

 

3月

自宅療養。
入院で体力が落ち、睡眠薬ナシでは全く眠れなくなっていて
気を紛らわすために、初めて「断捨離」に取り組んで猛烈に捨てる。
超ものぐさな私が、最初の1か月で83袋!
自分とは思えない行動だった。

 

blog.minimalist-switch.com



普段は霊感も何もない私だが、この時期は直観が冴えまくる。
これも初めての経験だった。
私が心の中で何かを問うと、その瞬間、入れかわりに答えが返ってくる。
見えない存在が、私を近くでサポートしてくれているのを強く感じる。

(※これは、間違った「声」を聴くこともあると思う。
  自分のエゴとか、何か善くないものの声とか。
  でもこの時は、間違いなく善き存在だったと感じている。)


4月

自宅療養。
夜になると悶々と考え込んでしまい、全く眠れない日々。
パニック・自責・強い感謝・決意・絶望・悲しみなど
さまざまな感情が常にかけめぐっていた。

本を読めばヴィヴィッドに刺さりすぎ、景色を見れば美しすぎて
ひたすら断捨離をするしかない日々。。。

(このブログでしつこくオススメしている)土鍋を購入。
食事の質を上げて、エネルギーの高いものを摂ろうと決める。
ブログを始めようと思い立ち、wordpressで書き始める。



5月

自宅療養。術後3か月が経過し、車の運転がOKに。

体力が落ちているのを補うかのように
さまざまな野草を少しずつ採取して食べるようになる。
あとは近所の山々を散歩。

クラフト

 


6月

初めてクラフトフェアに出展。
お客様にアクセサリーとオルゴナイトを買っていただく。
高齢者の方々が、サンゴ(赤い石)を手に取って離さない様子に
感じ入るものがあった。

この1か月はひたすら制作に集中。トライ&エラーをくり返す。
非常に体力を使うものだということを実感する。

畑

 

 

7月

何をしていたのか、何を考えていたのかあまり覚えていない。。。
ひたすら畑仕事&ブログを書くことだろうか。

畑




8月

この1か月もあまり記憶がない。
海(素潜り)や花火大会を普通に楽しんだ。

wordpressのブログをやめ、はてなブログに移って再スタート。
独自ドメインを取ったため、陸の孤島状態は変わらず。

(自家製のケールで毎日青汁を飲む。なんかストイックな食事!)

青汁ケール

 

 

9月

あるドキュメンタリー映画の地域上映が本番を迎える。
(私は実行委員として関わっていました。)
2週間で700人以上の人が劇場に訪れるという、とても嬉しい結果。

海外ひとり旅をすることを思い立ち、台湾行きのチケットを取る。
「何をどうすればいいかわからない」という状態からの準備。
焦燥感でいっぱい。

初めて、オフ会に参加する。



10月

台湾に旅立ち、2週間で一周する。
病後、ふさぎこんでいた気持ちがパッと明るくなる。

そして帰国翌朝、東京のゲストハウスで
先月上映したドキュメンタリー映画の監督にバッタリ遭遇!
世界を飛び回っている忙しいお方なのに!
夜はその方のイベントに参加させていただく。

「意識がひらいていて良い状態だよ」というサインではないかと
受け取った。解釈があっているかはわからないけど。。。

 

台湾

 

 

11月

英語の再勉強を決意。
今度こそ、本当に満足いくレベルで話せるようになると決めた。

仙台の難民映画祭に行く。



12月

上京。
ブログ仲間の方々とお会いする。ゲストハウスオフ会も!

沼沢直樹さんの『最小限主義』刊行記念の
トークショー&飲み会にも参加させていただく。

この本と「オノ・ヨーコ展」に強く影響されてしまい
どうしても自宅で再現したいと、ついに本棚を空っぽに!


(年の初めは図書館状態だったのに。。。)

年末

 

 

今年は、それまでの数年の反動が出たのか
思いきりダラダラしてしまい、怖いぐらいコントロールができない
1年だったけど、こうしてふり返ると「初めて」のことに満ちている。

断捨離の威力を骨の髄まで感じることができたので
来年以降もガシガシ続けて、循環を良くしていこう。
計画はもう立てているけれども、それ以外に何が入ってくるか
それが楽しみな気持ちでいっぱいです。