読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

納豆汁の作り方 なんと江戸時代から伝わる料理!心落ち着く味わい 作り方はカンタンです

大切な『食』

スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

子どもの頃から毎年、冬は納豆汁を作って食べます。
以前は、私の住む地域の「郷土料理」という認識しかありませんでしたが
江戸時代から伝わる料理だと知った時は驚きました。

現在は主に東北各地で作りつづけられている納豆汁。
納豆1パックを潰すのに20分、ここをクリアすれば後はカンタンです。

納豆汁

(大根を使って納豆をすり潰すところ。)


私は基本的に、年末年始に作って食べているのですが 
時々、他の季節でも食べたくなると作ります。
多めに作っておいて、3日ぐらいかけてコツコツ食べる感じです(笑)

納豆を潰す段階だけ、ちょっと手間に感じるかもしれません。
なかなか潰れないので、真ん中からガンガン!と潰していくよりも
「端っこから少しずつ確実に」潰していくのがコツです。

作るのは少し面倒に感じますが、食べる段階になると
苦労が帳消しになるパターンの食事です!\(~o~)/

 

 

納豆汁の作り方 身体があったまるのでおすすめ♪

 

材料

  • 納豆 1パック(長方形の大きめのパック)
  • 豆腐 1/2~1丁
  • 山菜の水煮(具として適量入れる・乾燥でもOK)
  • なめこ
  • 長ねぎ
  • 味噌
  • だし汁(昆布・かつおぶしでひいたもの)

 

作り方

  1. 納豆の粒が見えなくなるまで、すり鉢でよくすり潰す
    (太めの大根を使うと早いです。
     お酒を少し加えながらすり潰してもOK。)

  2. 山菜・長ねぎ・豆腐は適度な大きさにカットする

  3. 鍋にだし汁を入れ、具を煮る(長ねぎ以外)

  4. 火を止めて、納豆・味噌を入れて味を調える

  5. 再度火にかけ、グツグツと煮えだしたら火を止める

  6. 長ねぎを散らして完成!

 

 

納豆汁

 

(数種類の山菜、なめこ、豆腐、長ねぎでトロリと食べる納豆汁。
 豆腐の田楽、ハタハタなどと一緒に食べています。)

 


ご飯と納豆汁。あとは昔ながらのおかずを添えるだけの粗食。
こういう食事をしていると、あまりいろいろなものを食べたく
なくなります。
自然と健康的な食生活になりますね。