読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

超カンタン・豆乳の作り方 材料は大豆だけ!台湾で飲むようなおいしさ♡ イソフラボンもたっぷり


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

豆乳は「健康食品」のイメージが強いですが、実は色んな添加物が
入っていて、賞味期限も3~4か月とめちゃくちゃ長いですよね。
私は「これは嗜好品だ」と割り切って飲んでいるのが正直なところです。

豆乳作りは超カンタン。時間もかからないので手作りしてみましょう!
台湾で飲むような豆乳、少し砂糖で味をととのえて頂きます。
女性に嬉しいイソフラボンたっぷり!なのも、猛烈おすすめポイント♡

豆乳

(おからを絞っているせいか、手がスベスベに。気のせいかな?)

 

おいしい豆乳の作り方 材料は大豆だけ!

 

材料(豆乳約1リットル分)

  • 大豆150g(軽く洗って、冬季は20時間ぐらい浸水する)

 

 

作り方

 

豆乳の作り方

  • 充分に浸水した大豆を、漬けた水と一緒にミキサーにかける。
    ミキサーが回らなければ、少し水を足す。

 

豆乳を鍋で煮る

  • 深い鍋に移し、中~強火で10分間煮る。
    (焦げやすいので、必ずかき混ぜながら煮てください。
     一気に泡立って溢れやすいので、必ず深い鍋を使用してください。)

 

おからと豆乳

  • 金ザルにさらし布を敷いて漉します。
    上に残ったものが「おから」で、下が豆乳です。
    できあがり!

 

おからはタップリ200gできるので、いろんな料理に使えます。
このブログでも、おからレシピをどんどんUPしていきますね!

 

 

ポイント・ご注意・雑感など

 

  • 必ず深い鍋を使用しましょう、大げさなくらい深い鍋を!
    そばで見ているから大丈夫♪ と思っても、意外と一気に溢れます。
    ハッ!と思ってからでは間に合わないのです・経験談(笑)

  • 味は「市販の無調整豆乳」の味です。
    みんながマズイ!と言って飲めない味ですね(笑)
    きび砂糖などを適度に入れて、味を調えるのがおすすめです。

  • アレンジも色々できると思います。
    私は「ソイラテを作ろう♪」と、インスタントコーヒーを加えて
    作ってみましたが、とてもマズかった思い出があります(笑)
    オススメのレシピを教えていただきたいぐらいです。

  • おからを絞る手がスベスベになりました。
    顔にもつけたいぐらいです(笑)
    美容的効果が効いているのかも?と思っています。
    昔、発毛を遅らせる効果のある「豆乳ローション」が流行ってましたが
    手作りの豆乳を塗りつけるだけでも効果があるのでは?と
    踏んでいます。試してはいないのですが、、、。

 

 

女性にうれしいイソフラボン効果。
できれば純粋な豆乳から摂りたいですね。
カンタンなので、毎日続けられますよ!(^^)!