読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

おすすめの野草の本2冊! 『おいしく食べる山菜・野草』 と 『野草の力をいただいて』


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

f:id:beinginthepink:20160313115800j:plain

野草の一番良いところは、食べると意識やカラダが目覚めること。
間違って毒草を食べてしまわないために、活用している本を紹介します。

基本「毒草」と「食べ過ぎ」にさえ注意すれば
野草とのおつきあいはOKだと思いますが、本で勉強すると奥深い。
普段の食事のスパイス的に取り入れてみてほしいです(笑)

 

これまで図書館で何冊も野草の本を借りたり、本屋で読み漁りましたが
個人的には、この2冊がおすすめです。
内容の濃さ、詳細さ、応用編の充実、どれをとってもピカイチ!

 

 

世界文化社 『新版 おいしく食べる山菜・野草』について

 

こちらは野草の専門書といっていい、濃厚な内容。
野草の世界を幅広く、深く、本格的に探究していきたい方はこの本を
おすすめします。

危険な毒草についてのページが充実しているところは命綱。
多種類の野草を扱いたい場合は、持っていたほうが良い本だと
個人的に思います。

 

f:id:beinginthepink:20160313120820j:plain

 

(野草の紹介ページ。
 新春・春・夏・秋に分かれて、詳細な情報が書いてあります。)

 

f:id:beinginthepink:20160313120827j:plain

 

(身近にある毒草について。4ページあります。)

 

f:id:beinginthepink:20160313121006j:plain

 

(山菜・野草の概要。)

 

f:id:beinginthepink:20160313121023j:plain

 

(薬草茶・薬用酒の作り方。薬草酒は14種のレシピがあります。
 あけび、たんぽぽ、ドクダミ、よもぎなど。)

 

f:id:beinginthepink:20160313121121j:plain


(山菜料理が食べられる宿や料理店の紹介。)

 

f:id:beinginthepink:20160313121250j:plain

 

(山に入って本格的に山菜を収穫する場合の知識まで!)

 

 

 

若杉友子著 『野草の力をいただいて』について

 

「食養」で有名な若杉友子さんの本を愛読しており
野草バージョンがあると知って、迷わずゲットした1冊。

食と向き合う豊富な経験に裏打ちされた知恵、料理レシピ
食材の陰陽についてのコラムなどが満載なのでおすすめです。

スタンダードな野草について書かれているので
あまり多種多様な野草にまで興味がない、という場合は
こちらの本で身近な野草にコミット!



■ちなみに:これまでに読んだ本

  • 『これを食べれば医者はいらない』
  • 『一汁一菜 食養生活』
  • 『長生きしたけりゃ肉は食べるな』
  • 『こうして作れば医者はいらない』

 

f:id:beinginthepink:20160313124026j:plain

 
(わりと身近な野草の料理レシピが沢山!)

 

 

f:id:beinginthepink:20160313124408j:plain

 

 (コラムが充実。写真はマコモについて。)

 

f:id:beinginthepink:20160313124550j:plain

 

(玄米の焼きおにぎりや「ほうとう」など、野草以外のレシピも♪
 シンプルな食生活が後押しされます。)

 

f:id:beinginthepink:20160313124202j:plain

 

(梅干しや玄米の黒焼きのページ!)

 

f:id:beinginthepink:20160313124726j:plain

 

(ご自宅。美しく整頓されていて、見入ってしまいます。
 思わずyogaや瞑想がしたくなる。)

 

 

今は「ふきのとう」だけしか収穫できていませんが
これから多種多様な野草が出てくるので楽しみです。
近所の橋の下や、湖のほとりを日々チェックしています(笑)

 

 

1冊目に紹介した本!
これから深くコミットする方にはオススメ。

 

2冊目の本。こちらは野草に限らず「食」についての教えが満載。
身近な野草について書かれています。