読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

田舎暮らしの醍醐味 食べられる野草をタップリと収穫!


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

この時期は近所の山に出向いて、野草・山菜をコツコツ収穫。
これも田舎暮らしの醍醐味のひとつ。
身体が求めるので穫っています。
でもそれだけでなく、頭の中に野草の分布地図を作っておきたいから。

f:id:beinginthepink:20160403130408j:plain

(「あまどころ」という山菜。天ぷらやおひたしにして食べます。)

 

 

野草の収穫 注意すること

 

  • 収穫したい野草に似た「毒草」がないか、ネット・本などで
    見分け方をよくチェックしましょう。
    「これの毒草はないだろう」なんて思わないこと。意外とあります!

  • 野草によってはホンモノとニセモノ(毒草)が同じ場所に
    混ざって生えている場合もあります。
    むずかしい野草は穫らないほうが無難です。

  • 野草収穫1年生や、田舎に移住したばかりの方などは
    野草に詳しい人を見つけて同行させてもらう
    もしくは収穫のイベント等に参加したほうが良いかもしれません。
    (2年目からは、毎年同じ場所に行って収穫することができます。)

  • 藪の中に手をつっこむので、手袋・軍手があったほうが良いです。
    トゲが刺さらないように注意しましょう。

 

 

食べられる野草 あまどころ収穫!

 

f:id:beinginthepink:20160403130517j:plain

(人の少ない松林に入ります。)

 

f:id:beinginthepink:20160403130839j:plain

(やぶの中。トゲのあるツルに注意!
 上着や太ももに刺さってかなり痛い思いをしました。)

f:id:beinginthepink:20160403130852j:plain

(よく歩き回り、群生しているスポットを見つけてから座ります。
 「あまどころ」は松の木の根元によく生えています。)

 

f:id:beinginthepink:20160403131356j:plain

 

 

野人参(こしゃく)の収穫!

 

f:id:beinginthepink:20160403132303j:plain

 (日光の当たらないところに群生しています。)

 

f:id:beinginthepink:20160403132414j:plain

(人参の葉に似ていますね。
 裏に黒い斑点があるのは「ドクニンジン」という毒草なので
 ご注意ください!)

 

自然の花々

 

f:id:beinginthepink:20160403132558j:plain

(かたくりの花。おひたしにして食べることが可能です。)

 

f:id:beinginthepink:20160403132627j:plain

(「しょうじょうばかま」というらしい花。ピントがぼけていますが。)

 

f:id:beinginthepink:20160403132720j:plain

(めずらしいギフチョウ。)

 

f:id:beinginthepink:20160403132834j:plain

(つくしがスギナになっていくところを発見!と思ったら
 この2つは別々になるものらしく、これは突然変異かもしれません。
 そう思うとちょっとギョッとするというか、気持ち悪く見えてくる...)

 

 

これからも野草の知識をつけていきたい!

 

f:id:beinginthepink:20160403133107j:plain

(私のいつもの散歩道。湖のほとりです。)

 

田舎に住んでいても、1日の中の多くの時間をPCに向かっていて
たった小一時間、野山に向かう時間が惜しいと感じることがある。
すぐ近くに山があるにもかかわらず。

昔の人は野草の知識も豊富だったでしょう。
(東京空襲の際は、土手の野草がなくなるほど収穫して食べたそうです。)
でもその知識や知恵はうまく伝承されず、今のお年寄りの世代でも
野草について詳しい方は少ないと感じる。

本を片手に見つけた野草を食べるのには勇気が要るので
今は限られた野草にしか手を出せませんが、少しずつ覚えて
収穫できるレパートリーを増やしていきたいな~と思ってます。