読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

よもぎ風呂 春の冷えとりにピッタリ!有機ゲルマニウム効果がスゴイです。


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

春はどこもかしこもヨモギだらけ!なので、たくさん収穫して
入浴剤にしようと思い立ち、実行しています。

自然の入浴剤としては「大根の干し葉」と2トップなのではないだろうか。
強力にポッカポカになるので、万人にオススメです。

f:id:beinginthepink:20160519155100j:plain

(毒草にだけは注意。猛毒トリカブトと間違えないように!)

 

入浴剤として使うには

 

一般的に、乾燥させて干し葉にしたものを使用するようです。
ヨモギはもともと陽性のファクターが強い植物ですが
乾燥させて水分を飛ばすことで、より「陽」のエネルギーに
するためらしいです。

干し葉をじっくりと煮出したお湯を湯船に入れるという
方法を取るのが通常なのですが
私は乾燥させるのが面倒だったので
生葉をそのままハンカチに包んで、湯船に入れて
グシャグシャ揉んでいます。

さらに「よもぎ蒸し」ではないけれど、湯船の中では
よもぎを包んだハンカチをお尻の下に入れています。
思い込みかもしれませんが、自分ではこの方が効く感じがします ♪



※よもぎ蒸し・・・韓国で600年前から伝わる健康法。
         よもぎ&薬草の蒸気で下腹部を温めます。
         (専用椅子、セットが販売されています。
          椅子を自作している方もいらっしゃいますね!)

 

 私の愛読書から。

 

 

私が感じた効果

 

  • (多量に使用したせいか)浴室どころか脱衣所にまで
    ほんのりした芳香がただよい、癒されました。

  • ぬるめのお湯で半身浴をしていたのですが、20分を過ぎると
    なんだか温泉のように、お湯が「強い」と感じ始めました。
    具合が悪くなる感じではなく、心地よいものでしたが。

  • お風呂から上がった後のポカポカ度が違いました!
    冷えやすい足の甲も、いつまでも温度が持続していたので
    かなりビックリ!
    葉を乾燥させておき、冬場も使いたいと強く感じました。

 

 

よもぎ風呂はなぜ良いの?

 

よもぎに多く含まれるクロロフィル(葉緑素)の成分のひとつに
有機ゲルマニウムがあります。
(湯船にゲルマニウム原石を入れる方も多いですよね。)

血行が良くなり、新陳代謝を高めるようです。
アトピーや切り傷などの、肌のトラブルにも効果的といわれている
らしいです。

 

 

余談:よしもとばななさんの小説『王国』を思い出した!

 

 

よしもとばななさんの小説の中で最も好きな作品が
『王国』シリーズ4冊です。

シリーズ1は、主人公の女の子と祖母が、山奥で暮らし
さまざまな薬草・野草を栽培したり、山で収穫しながら
薬草茶などを作っているシーンから始まります。
(とても素敵なのでおすすめ!)

私がこの本に出会ったのは、5年前ぐらいだったと思いますが
この本の世界観に憧れていて、日常に少しずつ取り入れるように
しているのです。
(ちなみに人間関係面も、酷似する状況に身を置いていたことが
 あります。)



この小説の中には、主人公の女の子が失恋をしてしまった時に
熊笹(クマザサ)を沢山入れたお風呂に入って
静かな癒しを感じるシーンもあります。



これ、これ、この感じ!と、お風呂に入りながら
テンション高めになりました。
この小説のファンの方はぜひお試しください。


 

野草のエナジーが充満!のお風呂は単純に気持ちいい

 

 

私はお風呂に入っていても、頭の中でモヤモヤと
色んなことを考えてしまうのですが(ネガティブな内容ではないですが)
野草タップリのお風呂だと、思考のグルグルが止み
ディープな瞑想という感じになりました(笑)

本当にお気に入り!



春~夏にたくさん収穫しておいて、干しておきたいと思います。

 

 

 

プランターで育てたい方には、ヨモギの種がおすすめです。
お茶・炊きこみご飯など、食用にもできます。

 

 

 よもぎはお茶にするのも最高!ぜひ試してみてください。

blog.minimalist-switch.com