読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

食べられる野草のレシピ⑩ ケール×野草の青汁!残ったパルプもさらに調理します(笑)

大切な『食』

スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

田舎暮らしで畑をやっていることの醍醐味。
自分で青汁ケールを植えて、収穫したての青汁を飲めるということ。
生きたエネルギーなので美味しいのは当然ですが
そこに野草を加えると、さらにパワフルになります。

ミキサーに残ったパルプは、ベジブロスにしたり
カレーに入れて煮込んだりと、最後までしっかり活用します(笑)

ケール

(青汁ケール。害虫に弱いのが難点ですが、非常に大きく育ちます。
 大きい葉だと30センチぐらいに!)

 

青汁に野草を入れよう!

 

青汁ケールのみで作るよりも、他の植物を混ぜたほうが美味。
私は基本的に春菊か、ブルーキャットミントを混ぜて飲んでいますが
そこに野草をミックスするとさらに強力です(笑)

このブログでは「野草茶」をかなり推していますが
加熱に弱いビタミンなどは、どうしても失われてしまうので
新鮮な野草が収穫できる時期は、青汁もいいなと思います。

冬場は、乾燥させておいた野草をお茶に。

 

 

野草の青汁を作る際の注意

 

  • 摂りすぎは腎臓を傷めてしまうので避ける

  • 収穫して30分以内に飲むのがおすすめ
    (生きたエネルギーをそのまま!)
  • アクの強すぎないものを選ぼう、個人的にはよもぎが好みです
    (夏に近くなるほどにアクが強くなるので、春先メインで)

  • 毒草には十分注意する
    (本やネットでよく調べてから使うことをおすすめします)

 

 

ミキサーに残ったパルプはベジブロスに!

 

ケールを青汁にするだけではなんだか勿体ない!
自分で畑仕事をしているので、なんだか申し訳なさすら感じます。
というわけで、最後まで活用することにしています。

パルプを市販のお茶パックに入れて、弱火で20分煮出してから
お味噌汁やスープにしています。
なんとも身体に優しい、滋味深いお味噌汁になるのでおすすめです。

べジブロスの詳しい作り方は下記です。

 

blog.minimalist-switch.com

 

 

ベジブロスにしない場合:煮込む(笑)

 

カレーライス

(豆と鶏肉のカレー。なぜかオクラをトッピングして。)

 

ベジブロスにしない場合は、カレーなどに入れて煮込んでしまいましょう。
残さず調理して食べようと思えばできるものですね...。
フィトケミカル効果&食物繊維を摂るという感覚です。
もちろん繊維質が強すぎるものは避けてください。

カレーになら、いくら入れても青汁の味が出たりしないので
安心して煮込んでみてください(笑)

 

自分で作る青汁はパワフル!
市販のものも良いのですが、畑仕事をしている方は
ぜひ絞りたての青汁をおすすめします。