読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

努力と我慢の果てにあったもの。新しい道を歩み始めるまで。

自分ログ 観念を壊せ!

スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

「自分は強運」と迷いなく思っていた頃、同じように強運な友人と
自分たちは強運だね♪ とナチュラルに口にしていた。
その頃は実際なんでもスムーズで、ダメになりそうな時も
不思議なサポートが入って、結局はうまくいくのだった。

しかしある時から一変。自分の強運や幸せはすべて
後にとんでもない事件や、大きな絶望として幕を閉じるようになり
このパターンが普通にさえなってしまった。

f:id:beinginthepink:20160703115850j:plain

どうしようもない状態まで転がり落ちた私が
その原因を知り、新たな道に踏み出すまでのことを書くので
ドスのきいた内容になってしまいます(笑)

当ブログはもともと「食ブログ」に見せかけて
実はドスがきいてしまってる記事が多いです...。
下記の経験をしてから始めたブログだからです。

 

 

ずっと「仕事さえ楽しければOK!」という感性
しかしガムシャラな日々は突然終わる

 

私は5年前から田舎暮らし。
田舎暮らしというのは、仕事や勉強に打ち込んだり
何かをクリエイトするには、最高な環境。

東京でも田舎でも、基本的には「心から好きな仕事」を
していたいタイプなので、極力そうしてきました。
(いろんな事情で出来ない期間も、もちろんありましたが。)

社内で別会社を立ち上げて、1日18時間働いたり
地域に深くかかわる仕事をしたり。
ハードな時期もありましたが、基本的には元気でした。
いまふり返っても、なかなかできない経験だったな、とも思います。

なぜか尋常ならざる我慢をすることも多かった時期。
でも、仕事で魂からの満足感があれば、もう1つのやりたいことである
「海外を旅すること」さえ、すんなりと諦められました。
旅なんてしなくていいや、と思う位には満たされていたのです。



でも、それは思いもよらぬ最悪な方向に向かっていき
人間関係・プライベート・精神状態の全てがメチャクチャで
私に真っ黒な感情を残すものとなってしまいました。
すぐに転職して新たな職場で働き始めるも
突然の心停止を起こし、病院で手術。

※『心臓PM』のカテゴリーに記事があります。



無事に一命をとりとめ、生きていることに感謝したのもつかの間
今度は極度の睡眠不足(体力が落ちたことによる)
これまで自分を大切にしてこなかったことに対する申し訳なさ
精神的な発作が猛威をふるい、毎晩「朝まで反省会」で
明け方に少し眠るだけ。



私はいつも、わりと「楽しそう」にはやってきたと思うけれど
しかし低迷期は実は非常に長く、常にヘビーな問題が複数。

そこから幾度となく這い上がってきた「最終的な結果」がこれです。



何もこの仕打ちはないだろう。
すべてが最悪な結果だし、これでは生きた心地もない。
何ひとつ残らなかっただけでなく、それ以上に悪い状況。

この時期、宇宙は徹底的に私を冷遇しました。



それでも尚、頑固者の私の炎は消えるどころか
より一層メラメラと大きくなっていました。
「今度こそ!!!!!」と。


だって他に道がないわけです。
心身がボロボロを通りこしていようとも。

 

 

santasantasan.hatenablog.com

 

 

病気をきっかけに1度はクリアになった私も
すっかり「古い自分」に侵食されかけた頃
このブログ(真穂さん)に出会いました。
そして熱中。気づけば激しくノートまで取っている
自分がいました。

これまで「なぜこんなことに??」と常々問いかけていたけれど
その答えがおぼろげながら、しかし一気に分かりはじめたのです。


 

古い自分を本気で卒業しよう!と決める

 

 

私がこれまで、がむしゃらにやってきたこと。
そして「こうしたほうがいい」と信じていたこと。

  • しかしその動機は、自分の幸せに根差したもののようで
    微妙に違った。

  • まず社会的(外側)を満足するように創ることが先決。
    それが自分の満足だと思っていた。

  • 「自分を大切にする」という感性がなく
    ただただ、とにかく鍛えておかないとマズイ!!という思いで
    走っていた。

  • 自分の面倒くさい部分となんて、つきあっていられない!
    生きていけなくならない?
    はっきり言えば「生産的でない事柄」は打ち消したほうが
    生きやすく、仕事もしやすく、社会にも適応しやすく
    良い成果もあげやすいものと、無意識に思っていた。
    (実際は逆。その真理は真穂さんのブログにあります。)

  • 古い自分を手放したら、全部意味がなくなるじゃない?
    これまでの頑張りは何だったの?フワフワ生きろというの?
    (実際はフワフワではなく、本当の意味で地に足をつけた道。)

 


いろいろと真逆でした。
「自分」は置いてきぼり、というか不在であり
宇宙に冷遇されていたのではなく、自分が自分を冷遇していたのでした。

赤裸々に書くと、いろいろと恥ずかしいこと極まりないです...。

これまでだって、心のエネルギーを使って
沢山のことをしてきたよな、と普通に思っていましたが
そんな段階ではなく、もっとdeepな真理があるのだと知りました。

そうしない限りは
どんなに力をふりしぼって努力しようと、あらゆる手を使おうと
"強運" に乗ってどれほど突き進もうと
最終的には......という状況になってしまう。

分かりやすく経験しました。



今は、これまでの考え方、生き方が
きちんと過去のものとして、もう卒業したものとして見えます。
思い出すと「古いな!!」と思います。



古い自分は卒業。
しかし、やっと最低限のところに立っていて、全てはこれから。
まっさらな土地に立っています。
これからも色んなことがドカンと起こると思います。

おかしな方向に行かないように、行っても戻って来れるように
真穂さんのブログにある「ナヨナヨ」の道に進まないように
ここから積み重ねていこう、という段階です。


 

真穂さんのブログ。
何度読んでも鳥肌の立つ記事です。
時間をとって、じっくりと読んでみてくださいね♥
私もこれからの半年間、精進します。

santasantasan.hatenablog.com

 

真穂さん、いつも素晴らしい記事をありがとうございます!!