読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

職場の人間関係が、その時の「自分」を教えてくれる

仕事とお金

スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

どういう職場に入り、そこでどういう展開になるかは
その時々の自分のことを如実に表しているので
非常に良いバロメーターとなります。

この2週間、職場の人間関係の面で不穏な状況がありましたが
自分の内側を観ることで、解決したばかりか、大きな変化があり
「むしろ感謝しかない」という状況になっています。
本当に、周りの人はどこまでも自分の鏡。

f:id:beinginthepink:20160814204013j:plain

(今日撮影していた夕焼け。)

 

 

私の現状プロフィール

 

社会人としての殆どの時間、正社員をしていましたが
昨年の初めに大病してからは、1年休養、現在はリハビリがてら(?)
バイトをしています。

現在は自分の仕事の準備をしているので、バイトは週3のみ。
休日は自宅で1人、てんやわんやしています。


友人とは会うし、地域のイベントにもよく出るし、習い事もしてますが
人と接する機会自体が減りました。
そうなるとなかなか「自分のことが観れない」ので
現在のバイトが、自分にとっては良いクスリになっているようです。
(もうすぐこれも卒業するけれど。)

 

 

突然、職場で起こった事態

 

私がバイトを週5→週3に減らし、空いた時間にモノ作りをしている
ということが、同僚(先輩)の気にくわなかったのか
急に、私への接し方が激変しました。

夕方に談笑し、翌朝出社したら、態度が変わっていたのです。



ひどい時では、叩きつけるような物言いをされて最悪でしたが
バイトなので事を荒立てるのも...と思い、しばらく黙っていました。

(大人になってからのバイトは初めてで、また田舎の地域性もあり
 よく勝手が分からなかったのです。)

しかし「職場に行きたくない...」という思いにさえ苛まれ
心身が重くなっていました。


 

自分を観察し、悪癖を発見
「もうやめる」と卒業したら

 

「もうイヤ!!」という段階にまで、事態は進みますが
そこで私は大きなことに気づかされます。

まだ自分のことが嫌いで、自己否定ばっかりしていたことに。
なんならその相手の人と一緒になって、自分のことを嫌っていたのです。



現在は週3バイトの身、自分の仕事の準備をしているのですが
そこでもうまくいかないことが多く、かなり自分を責めていましたが
そのことにすら気づいていませんでした。

うまくいっていないのだから、責めて当然で、普通の感情だと
思っていましたが、ただ延々と「自己否定」していただけでした。



それがわかっても「でも自分のことが嫌いだもん...」という気持ちが
数日続きましたが、それも消えました。

 

 

なぜなら、今の私が「結果を出していない」ということで
自己否定をするなら、それは一生続いてしまうからです。
(お金でいえば)いくら稼いでも同じだと思います。

3万→全然ダメ
5万→全然ダメ
10万→全然ダメ
30万→全然ダメ(稼げるのは今だけだろう、等といつまでも自己否定)

 


そこまで思った時、自己否定は消えました。
「もう完全にやめよう」と思いました。腹の底から。

今の自分も好き、しっかりやるし、自分のことを応援する
という気持ちが湧いてきました。

職場で、自分の鏡となってくれた人に対しては
感謝しかない!という気持ちさえ、あふれてきました。

超絶ダサい役をやってくれて感謝!!(皮肉です)

 

 

そうしたら変化が

 

気持ちがここまで来た後、別人のようなオーラの自分がいました。
周りがどうであれ一切気にならず、そこからは不思議と
"問題"が起きていません。

(自分からは一切話しかけない、などの対処はとっていますが)
別に嫌いなわけではなく、やっぱり感謝しているのか
呼ばれると、思わず笑顔になってしまう自分がいます。

それほど大きな気づきだったのです。

 

 

まとめ

 

「職場の人間関係に悩みがち」な方は
自分こそが自己否定していないか?などと
自分の中をよく観てみましょう。

逃げたり、場所を変えたりする前に。

(悪質な「潰そう」としてくる人からは
 逃げなければならないケースもあるけれど)


 



休日は思いきり、気持ちの良い場所に行ってリラックス!