読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

秋のおすすめメニューを1記事で!あけびの皮の肉詰め・栗ご飯・いちじくの甘露煮・柿の白和えの作り方


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

新米、秋刀魚、芋煮、ラ・フランス、柿、食用菊、いちじくなど
短い秋ならではの食べ物が大好き。
私が毎年楽しみにしている、秋だけのメニューを紹介します。

f:id:beinginthepink:20161013130907j:plain

 

あけびの肉詰め

 

まずはあけびの肉詰め。
皮を食べない地域もあると知りましたが、私の田舎では、皮こそがメイン♪

かなり苦味のある皮が絶妙に効いて、個人的にはたまらない味です。

 

f:id:beinginthepink:20161013104420j:plain

 

【材料】 

  • あけび5~6コ
  • ひき肉200g
  • 玉ねぎ1/2コ
  • 卵1コ
  • 小麦粉(少々)
  • 塩・味噌
  • 日本酒(酒蒸しのため)

※お肉が多少余るかもしれません。ハンバーグにして下さい。

※酒蒸しにせず、オイルを多めに鍋に敷いて
 作った方が、できあがりは早いです。

 

 

【具体的な作り方】

 

あけびの肉詰め

 

  1. あけびは中身を食べ(笑)皮を軽く洗う

  2. ひき肉・玉ねぎのみじん切り・卵・塩・味噌をボールに入れて
    よくこねる

  3. あけびの皮に少々の小麦粉をふる

  4. 2で作ったタネをあけびに詰める

  5. タコ糸であけびを巻く(開かないように閉めるイメージでOK)

  6. フライパンにオイルを入れ、あけびを入れてフタを閉める

  7. しばらくしたら日本酒を入れ、ひきつづきフタを閉めて酒蒸し

  8. じっくりと時間をかけて、中まで火を通せばできあがり!
    (不安があれば、1コカットしてみてもいい。)

 

f:id:beinginthepink:20161013104505j:plain

 

 

【みそ汁の具にする場合】

 

これはレアな食べ方かもしれませんが、みそ汁の具にします。
皮を適当な大きさにカットして、豆腐などと一緒に煮るだけ!

けっこうな苦味はあるのですが、それがまた美味。

※他には炒め物も美味しいと思います。

 

 

 

栗ご飯

 

いつもは手軽な「栗ご飯セット」を買ってきて炊くだけなので
本格的に作ったのは、今回が初めてだと白状しておきます。

栗の皮むきが少し大変ですが、それさえ乗り越えればカンタン!
これから毎年1回は、この作り方をしようと思いました。

f:id:beinginthepink:20161013104636j:plain

(今回は塩のみで作りました。
 栗の甘味がご飯にフワーッと広がっておいしいのですが
 やはり醤油も入れた方が良いので、下記のレシピにしました。)

 

 

【材料】

  • お米(2合)
  • 栗 1パック(お好みの量で)
  • 調味料(しょうゆ大さじ2・塩少々)


※その他、お好みの具を入れてもOKです。

※栗が少し固めの仕上がりになるので、ホクホクがお好みの場合
 2~3分ぐらい、煮たほうが良いと思います。
 その場合は、煮汁は捨てずに炊飯に使いましょう。

 

 

【具体的な作り方】

 

  1. 栗の皮をむく。ここが一番難関ですがコツがあります。
    最初に栗のお尻の部分を切り落とし、鬼皮をむく。
    その後は、少し水に浸しておくと、渋皮をむくのも
    ラクになります。

    f:id:beinginthepink:20161013105556j:plain

  2. 炊飯器(or土鍋)にセットする。
    米を2合、水は調味料と合わせて2カップ入れ、栗を上に並べて
    炊飯するだけ。

 

  

いちじくの甘露煮

 

これは毎年作っていて、私の中でMUST。
これを作ったらぜひ「クリームチーズと一緒にトーストにはさんで」
食べてみてほしい!!

以前からブログやツイッターでうるさく言っていますが
ぜひこの食べ方をしてみてほしいです。

 

f:id:beinginthepink:20161013131205j:plain

 

【材料】

  • いちじく 500g
  • 砂糖   120g
  • 酢    小さじ2ぐらい
  • 醤油   数滴でOK

 

※倍量でタップリ作ってもOK!

 

 

【具体的な作り方】

 

  1. いちじくはヘタを切り取り、水洗いしてザルにあげ
    水気を切る。

  2. 鍋にいちじくを入れて砂糖を加え、鍋をゆすってまぶす。

  3. 酢と醤油を加え、落とし蓋をして中火で煮ていく。

  4. 砂糖が溶け、いちじくからも水分が出てきたら
    弱火にして煮込む。
    焦げないように注意しながら、1~2時間ほど煮る.

 

 

柿の白和え

 

子どもの頃は苦手でしたが、今は大好きなメニュー。
ほうれん草やコンニャクを入れるのが一般的かもしれませんが
私は「春菊」が好きなので、春菊onlyで作ります。

私の適当レシピなので、ほのかな味わいにしていますが
お好みで濃厚バージョンにしてみてください。
全然別モノになります、私は濃厚なのも大好き。

アレンジとしては、ナッツやくるみを入れる。
干し柿で作るなど、いろいろ可能です。

 

f:id:beinginthepink:20161102151452j:plain

 

【材料】

  • 柿 3コ
  • 豆腐 1丁
  • 白味噌 大さじ1
  • 白すりごま 大さじ1
  • みりん(煮切ったもの) 大さじ2
  • 春菊、ほうれん草などのお好みの野菜

 

【具体的な作り方】

  1. 豆腐は1時間ほど水切りをしておく。

  2. 柿は好みの大きさにカットする。

  3. 野菜は茹でて、適度な大きさにカットしてよく絞っておく。

  4. ボウルに豆腐を適度な大きさにちぎって入れ
    すりごま、みりん、白味噌を入れ、手でよく和える。
    (ここで味見をして、濃厚バージョンが良ければ
     さらに味つけをする。)

  5. 野菜を先に和え、最後に柿をさっくりと和える。