読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

保存食⑱ 干しイモの作り方 (おまけ:さつまいもジャム・発酵きんとん)

保存食

スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

今年初めて、自宅の畑にさつまいもを植えてみました。
ツルも食べることができ、実も多彩な食べ方ができてコスパ最強。

しかし難点は保存性が良くないこと。すぐに傷んでくるので
決して洗わずに、土を払い落とし、もみ殻に入れておくと
良いと聞きます。
それが出来ない場合は、日を置かずに加工してしまいましょう。

f:id:beinginthepink:20161027205817j:plain

(干しイモを天ぷらにしても美味しいそうです!)

 

内容

  • さつまいものプチ知識
  • 干しイモの作り方
  • さつまいもジャム(餡)の作り方
  • 発酵させて作る「きんとん」の作り方

 

 

さつまいものプチ知識

 

f:id:beinginthepink:20161024154317j:plain

(このツルは「けんちん」にすると美味でした。
 昔は常食していたらしいですね。)

 

f:id:beinginthepink:20161024154336j:plain

(晴れた日に、食べる分だけを少しずつ収穫しました。
 土が沢山ついていると、イモの水分を吸ってしまうらしいので
 払い落とします。)

 

干しイモの作り方

 

  1. さつまいもを洗い、傷んだところを取り除きます。

  2. ピーラーなどで皮をむきます。

  3. 厚さ1センチほどに切り、水に浸けてアク抜きします。
    3時間ぐらい浸けた方が良いそうです。

  4. 柔らかくふかします。竹串でチェック!

    f:id:beinginthepink:20161024155527j:plain



  5. ザルやネットなどに並べて天日干しします。
    時々裏返し、2~3日でできあがり。
    (雨に当たるとカビやすくなるので注意。
     干せば干すほど固くなるので、様子を見ながら
     ソフトに作りましょう。)

    f:id:beinginthepink:20161024155758j:plain
    (以前、ザルで野菜を干したら、獣の歯型がついたことが
     あったので、ネットで干しています・笑)

 

 

さつまいもジャム(餡)の作り方

 

f:id:beinginthepink:20161027210151j:plain

 

さつまいもでジャムを作るのは初めてです。
完全なる適当レシピだったのですが、自分でもびっくりする程の
美味だったので驚きました。

このまま卵黄を塗ってオーブンで焼けば
スイートポテトそのものの味!

ひと晩経ってからのほうがより美味しく感じます。

 

材料

  • さつまいも 1キロ(皮をむいた状態で)
  • バター 20g
  • 牛乳 200ml
  • 砂糖 200g
  • レモン汁 1/4コ分(なくてもOK!)

※シナモンなどのスパイスを入れてもおいしいと思います。

 

 

作り方

  1. さつまいもは皮をむき、ダイスカットして
    水に浸けてアク抜きをし(3時間浸けると良いそう。)
    やわらかくふかす。

  2. 鍋にバターを溶かし、さつまいもを軽く炒めて
    その他の材料を入れ、弱火で煮込む。

    f:id:beinginthepink:20161024153704j:plain

  3. マッシャーで潰す。意外と早く潰れるのでカンタン!
    これで出来上がりです。

 

 

発酵させて作る「きんとん」の作り方

 


ズボラなくせに「発酵モノ」には目がない私。
これまでキムチ・味噌・納豆・アンチョビなどの作り方を
ご紹介してきましたが「きんとん」も作れると知りました。

ちゃんと発酵するまで数日放置していたので、食べるときは
「この味でいいのかな?」と不安でしえたが、濃厚な甘酒の味。
おそらくこれでOK!(笑)お砂糖は一切入れていません。

 

さつまいものきんとん

(写真が良くない...今度作ったら変えます。)

 


レシピは以前に、本からメモしておいたものだったと思うので
軽くアレンジを加えてみました。
ネットに同様のレシピがないか、cookpadを調べましたが見つからず!

 

さつまいもと麹

(さつまいもと麹を和えるだけ!)

 

 

材料と作り方

さつまいも&麹(※生のもの) 3:1の割合で用意する

 

  1. さつまいもは適当に輪切りにして、蒸し器で蒸す

  2. さつまいもをマッシャーかフォークなどでよく潰し
    麹を加えてよく混ぜ合わせる

  3. 水分が足りないので、適度に水で湿らせてみる

  4. バットに入れて、コタツなどで保温する(湯たんぽでもOK)


※冬季は、出来上がりまで3日ほどかかりました(私の場合)
 まずはひと晩おいて、翌朝に味見をしてみましょう。

※場合によっては、発酵ではなく「腐る」可能性もあると思うので
 ご自身の判断で召し上がって下さい。

 

 

■味について

 

味は、濃厚な甘酒の味。驚くほどの甘味!
そしてほんの少しだけ、ヨーグルトのような酸味が感じられます。
これもまた美味。自分好みの味だったので、一気にお気に入りに!

保温については、本当は「コタツ」に入れるのには抵抗があって
極力したくないのですが、背に腹はかえられませんでした...。
しかし味はおいしかったので今回はヨシとします。

 

 

さつまいもで作る、優しい味のおやつ。
ぜひ作ってみてください。