読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

田舎暮らしは製造業 !! 


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

地元へのUターンで、田舎暮らしを再開して5年。
引っ越しの時こそ「帰ったら二度と出れない!」という
恐ろしい直感におののいていましたが、今ではすっかり根が生えて
もう外で暮らしたいという思いはありません。

むしろ私の "根" がまだまだ貧弱なのを感じることの方が多く
もっと力強く根付きたいと思っている。
茶道、華道じゃないけれど、田舎暮らしにも道があると思っていて
それを毎年少しずつ進んでいくのが楽しいのです。

f:id:beinginthepink:20161106131731j:plain

(霜が降りる前に『のらぼう菜』を植えました。
 来春には大株になる予定。楽しみです。)

 


以前、少しだけ契約社員をしていた時に
週1回、工場に入って食品の製造作業をした経験があります。

まさか自分が製造の仕事をするとは思っていなかったので
これも経験!と楽しんで取り組むことにしたのですが
やはり始まる前はとても憂鬱だし、工場は寒いし
洗いモノは膨大にあるし、水は冷たいし
作業の前後にせっせと荷物運びをしなければいけないしで
週1回とはいえ、私には大変でした。
(作業中は結構楽しいけれど。)

 

しかもその食品製造の
原料を山で収穫するところからやったことがあります。

言うまでもありませんが、事業的にはコスパ最悪でビックリでしょう。
私は契約社員なので、むしろ山に入った方が楽しかったのですが
今でも強烈な思い出...(職場には感謝してます)



でもこの経験が、後に意外な形で活きるのだから
人生とは面白いものです。

どのような1日がかりの製造作業も
平気になりました。
工場さながらの設備を作って
大がかりに行うこともあります。

 

 

 

田舎に帰ってから、畑(3枚)を営んでいるので

  • 柿 → 干し柿に
  • 大根 → 葉は干してお風呂に入れる・皮はキンピラ・実も干して
  • さつまいも → 干しいも・ジャムに
  • 枝豆 → ペーストにして冷凍し、ずんだ餡やプリンに
  • よもぎ → よもぎ餅や混ぜご飯に
  • 野草 → 酵素ジュースに

 

という感じで(上記はほんの一例)
食べ物を余すところなく使ったり、冬場の保存食にしたり
野草さえも色んなテクを使って食べるようになりました。
(ブログにも沢山載せてます。
 気になる方は実践してみてください!)



枝豆をわざわざペーストにするなんて
前述の仕事での製造経験がなければ
絶対やらなかったでしょう。




そして作物、果物などは大量にあるのですが
それプラス親戚に大量の魚を頂くことも多く
物々交換の循環が大きいです。
「夕食なんにしようか、何もないなあ...」と思っていると
すぐに届くというミラクル。

 

どんなに加工しても、保存食にしても、仕方ないから冷凍しても
ありがたいことに余ります。


こうなると「フルで働く必要ないんじゃないか?」と思い
12年間の正社員生活(一部契約あり)も昨年辞め
自分で仕事をつくる道を模索(というか準備)しています。


キャンドルやアクセサリー、バッグなども
自作するようになり、順調に幅が広がって
ます。



田舎暮らしをするのなら、製造業の要素も取り入れて
畑をやり、食べ物は余すところなく活用し
冬場の保存食まで作ってしまう。

生活の質をグンと上げる。
(私の場合はブログにさんざん書いているけれど、土鍋、野草、海
 質のよい食事などです。)

そうすると「イヤな仕事をフルタイムで」という気持ちは
なくなってきます。
そうする必要はない、とどこかで感じるんじゃないかと思う。


私の場合はライフスタイルはほぼ完成したので
再び、これからどう生きるか&お金を得ることと向き合っている
最中です。
ようやく二周目な気分。

 

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

 

左の本は手元に置いて、ちょくちょく読んでいます。
味噌や豆腐などの食べ物や、衣類のつくりかた
瞑想や冷えとりなどが1冊に網羅されていてとても重宝している。

右の本は図書館で見つけました。とても憧れる生き方、暮らし方。


精神と、具体的な行動(暮らし)のセットで
非常におすすめできる本です。

 

 

f:id:beinginthepink:20161106131855j:plain

(11月。いつもの散歩コース。白鳥たちがお昼寝していました。)