読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

「重ね煮」の作り方 便利!水ナシで甘く炊き上げ、野菜の甘みをひきだす調理法。ダイエットにも!

大切な『食』

スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

15歳の頃から健康雑誌を愛読していて
家族には「なぜ食の仕事に就かないの?」と言われ続けてきました。
しかしこうしてブログに綴るようになるのだから、面白いもの。
自分の好きなことはずっと変わらないものだな、と噛みしめてます。
今日は数年前の健康雑誌で知り、時々作っていた「重ね煮」について。


ここ2年、すっかり記憶の片隅に追いやられていましたが
再度、生活に取り入れ、冬野菜をタップリ摂りたいと思いました。

f:id:beinginthepink:20170107135624j:plain

重ね煮とは、カンタンに言うと
水も油も使わず、塩だけで、弱火でじっくり煮込む調理法です。
野菜の陰陽を利用し、本来の味わいを引き出すものだそうです。

 

 

 重ね煮のおすすめポイント

 

  • 野菜をたくさん摂りたい時に
  • 美容&ダイエットに最適!
  • 調理も「塩」のみでシンプル&ヘルシー
  • 冷蔵庫で5日間ほど保存が可能
  • さまざまな料理へのアレンジが可能
  • 煮汁もスープとして飲める!

 

私はシンプルに「ぽん酢」などをかけて食べたりしますが
アレンジ次第でさまざまな味を楽しめます。



下記の記事のやり方でお味噌を用意すれば
あとは「重ね煮」した具を入れるだけで

お味噌汁も一瞬! 家でもオフィスでもすぐに食べられます。

blog.minimalist-switch.com

 

 

重ね煮の作り方

 

材料&用意するもの

 

  • 野菜(下記リストをご参考にしてください)
  • 深い鍋(私はパスタ鍋を使っています!)

 

 

入れる野菜のリスト&順番

 

五番目:根菜類(にんじん、大根、ごぼう、玉ねぎ)

四番目:イモ類(じゃがいも、さつまいも ※かぼちゃもOK)

三番目:葉物(キャベツ、白菜、長ネギ等)

二番目:果菜類(トマト、ナス等)

一番下:きのこ、海藻類

 

 

作り方

  1. 鍋の底に適量、塩をふる
    (塩味をつけるためではなく、野菜の甘味を引き出すため)

  2. 野菜はよく洗い、皮をむかずに、適度な大きさにカットする
    (皮をむかずに調理することは、農薬の問題もあるので
     必須ではないのですが、家庭菜園などをしている方はぜひ!)

  3. 野菜を上記リストの順に重ね、一番上にも塩をふり
    フタをして弱火で40分ぐらい煮る
    (私は「とろ火」で1時間炊き上げます)

 

 

ワンポイント

 

  • 火力が強いと、焦げる可能性もゼロではないので
    ご注意ください。私は「とろ火」にしています。

  • さつまいも、にんじん等の固い野菜も大きめカットでOKです。

  • 出来立ては、味付けをせずにそのまま召し上がってみてください。
    甘味がきわだって美味です。

  • 一番下に「こんにゃく」を入れても美味。よりヘルシーになります。

  • 野菜から出てきた水分(煮汁)は、スープなどにアレンジOK!

 

 

f:id:beinginthepink:20170107135735j:plain

(最初はきのこや海藻類を。塩わかめを入れると美味!)

 

f:id:beinginthepink:20170107135818j:plain

(ラストは根菜。深いパスタ鍋にタップリの量ですが
 じっくり煮ていくと、最後は2/3~半量まで減ります。)